はじめに

今回は質量分析イメージングを用いた食品、植物の分析例をご紹介いたします。

質量分析イメージング(MSI)では、まず組織の極薄切片を切り出し、スライドガラス上に貼り付けた後に、マトリックスと呼ばれるイオン化剤を塗布し 、サンプルを調製します。次に、サンプルを質量分析装置に導入後、一定の区切られた領域ごとにレーザー光を当て、その領域のマススペクトル(MS)取得を繰り返すことで切片中の指定したエリア全体のMS情報を得ます。そして最後に、それらのMS情報を分子イオンピークごとに解析することにより、ターゲットとする化合物の分布が得られます。

 顕微質量分析イメージングによる乾燥ターメリックにおけるクルクミン類の分布の可視化

新間秀一 et al., J. Agric. FoodChem. 2019, 67, 34, 9652

植物体に含まれる二次代謝物はスパイスや生薬に代表されるように多くの有用物質として知られるものが多いです。そこで、スパイスである乾燥ターメリック中のクルクミン類の空間分布を可視化しました。

  質量分析イメージングによる米麹中のリン脂質およびグルコースの可視化

新間秀一 et al., 島津製作所 Application Note No.64

酒の品質の良し悪しの判断は杜氏の経験によるところが大きく、科学的な知見が十分に得られているとは言えません。そこで酒造りに重要な米麹中のリン脂質およびグルコースの可視化を行いました。

今回のMSIより、製麹過程でのリン脂質の変化、また破精込みとグルコース分布の相関を確認することができました。

まとめ

質量分析イメージングは今回ご紹介した分析例だけでなく様々な場面で用いられております。