はじめに

イメージング質量分析(Imaging Mass Spectrometry:IMS)は、ターゲットとなる分子(代謝物、投与薬剤など)が、生体内組織のどこに、どのくらい存在するのかを可視化する方法の1つです。

多くの人が普段使用している化粧品やヘアケア用品は、組織(肌や髪)に浸透して機能を発揮するものです。現在では「浸透力」を上げるための「導入型化粧水」まで発売されるほど、肌や髪への目的成分の「浸透力」は重要です。

イメージング質量分析と有効成分の浸透

皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織と構成され、表皮はさらに角質層、顆粒層、有棘層、基底層からなっています(図1)。

また、毛髪は外側からキューティクル、コルテックス、メデュラで構成されています(図2)。

図1:人工皮膚の切片
図2:毛髪断面図

このうち角質層/キューティクルは外的な刺激からの保護や内側からの水分の蒸発防止(保湿)に重要な役割(バリア機能)を果たしているため、化粧品やヘアケア製品を肌や髪に塗っても、このバリア機能によって、目的成分は組織内部へは届きにくくなっています。

目的成分を皮膚/毛髪へ浸透させるにはバリアを突破する工夫が必要であり、多くの研究がされています。

最初の項目で述べたようにイメージング質量分析は「ターゲット分子」が「どこに」存在するかを見ることができるため、「目的とする成分」が「角質層」まで届いているか、有効成分の浸透評価が可能です。

イメージング質量分析を用いた浸透評価事例

皮膚モデル(EPIモデル)の美容成分浸透評価

イメージング分析結果

黄色:美容成分A、赤色:美容成分B

それぞれの美容成分の皮膚への浸透性の違いを評価できます。

まとめ

皮膚や毛髪への目的成分の浸透は、化粧品やヘアケア製品の機能の証明となります。浸透力の向上で目的成分がどこまで浸透しているのか、イメージング質量分析で「浸透力」を見てみませんか?